株式会社ジム 〒417-0025 静岡県富士市瓜島30 フリーダイヤル:0120-17-3910

KOMO-TEC 7スピードシーケンシャルマニュアルトランスミッション(7速)

Lotusは6速マニュアルトランスミッション、またはLotus ExigeのIPS仕様にある様なトルクコン・オートマのいずれかを採用しています。

攻める様な運転の場合、従来のギヤボックスの主な欠点は、シフティング・プロセスの時間、必要なシフト時間にあり、それにはトルクダウン、さらには誤動作の可能性が含まれます。トルクコンバータには効率が悪く、それに伴い摩擦損失があり、変速時間が遅いという欠点があり、重いと言う欠点があります。

Komo-Tecの7速シーケンシャルギアボックスは、あなたのロータスを特別なものにするものです!このギアボックスは、ロータス純正では出せない性能を必要とするドライバーの要望に基づいて開発されました。同期していないストレートギアは、このデザインのギアボックス用で、通常の走行中は驚くほど静かです。

主な利点は明らかです:
- より速い加速、
- より高い強度(定格にて900Nmまで)
- 軽量(わずか58.5 kg)
- より速いシフト(ギアのフラットシフティングでわずか40ミリ秒)
- オプションの範囲(5つのオプションが最大速度で利用可能:274,212,252,231,297 km / h)

もう一つの利点は、
このトランスミッションは、Lotus Exige V6とEvora用に特別に設計されているため 元のドライブシャフト、カップリング、ブラケットを変更せずに(エンジン側で)使用できるという利点があります。したがって、取付は他の汎用シーケンシャルトランスミッションよりも迅速かつ安価にできます。

ユニバーサルオイルクーラーやオイル温度センサーもオプションとして追加することができます(有料)。

このタイプのトランスミッションに特有のものは、外部から調整可能な差動ナットです。

最大調整は13kgで、顧客の要求に応じて差動ロックのランプ角度をカスタマイズすることができます。標準ランプ角度は53/0と40/0です。

顧客の要求に応じて、非常に短いクロースレシオ・ギアボックスを提供することもできます。

それで、300km / hを出すこともできます。だから誰にとっても正しいオプションがあります。

キットに含まれるもの:
- シーケンシャルギアボックス7速(ドグ付き)
- リミテッドスリップディファレンシャル(外部調整可能)
- ギア(1速~7速)とファイナル
- インプット・アウトプットシャフト
- 5種類のギヤ比の選択
- デジタルギアディスプレイとセンサー
- ギヤシフトレバーとケーブル
- 中断を切り替えるための電子制御ユニット
- 調整可能なシフトオプション
- レーストラック使用時の改訂間隔:約5000 km。

このシーケンシャルギアボックスを当社の合金フライホイールと焼結金属クラッチとともに使用すると非常に有効です。

Motorsportpart - トラックの使用のみ - ストリートを使用しないでください。

定価 : 2,950,000円(税別)
輸入送料別途
取り付け工賃別途かかります。

株式会社ジム電話番号

  SJ Racing 特約店